顔の産毛の脱毛はどうするのが良いの?医療脱毛は?

jo1
顔の産毛の脱毛はどうするのが良いのでしょう?
顔の産毛の脱毛の医療脱毛は良いといますが、どうなのでしょう?

顔の産毛の脱毛についての紹介をします。

スポンサードリンク

■顔の産毛の脱毛

顔の産毛が綺麗に処理されていると、凹凸もなくなるので、ファンデーションも綺麗に付き肌が白く透明感のあるように見えます。

ワックス脱毛もありますが、ワックスは塗って剥がすので、肌に負担をかける事が大きいので肌の弱い人にはおすすめできません。

一般的には、シェービングが自宅では簡単に出来る方法です。

日焼けや、肌が敏感になっている時、生理のときも肌が敏感になっているので避けましょう。

角質を傷つけないよう、剃る時は、クリームや泡で顔をしっかり保護しましょう。

顔用の電動シェーバーもおすすめです。

スポンサードリンク

顔の産毛のお手入れは、3週間に一度ぐらい行いましょう。
剃った後は、基礎化粧品でしっかりお肌の保護をしましょう。

■顔の産毛の医療脱毛、光脱毛

光脱毛器は、毛穴の引き締めとくすみや赤ら顔の改善などにも効果があるとされ、美容クリニックやエステサロンで使われています。

エステの光脱毛は、エステによって置いている機械が違いますが、やけどを起こしにくいように出力(というか波長)を弱めにしてあり、医療機関で受ける光脱毛よりも効果が弱いです。

脱毛の効果は医療脱毛は、サロン脱毛と比べ圧倒的に確実性が高いです。

顔の産毛の医療脱毛の方がサロン脱毛と比べると痛いですが、ほとんど我慢できます。
医療は表面麻酔など可能ですから、痛みが不安ならクリニックで相談すると良いと思います。

産毛をケアすると毛穴が目立ちにくくなるだけでなく、ニキビもできにくくなるというメリットがあります。

■まとめ

顔の産毛の脱毛は面倒ですが、利点が多いのでする事が大切ですね。
医療脱毛すれば、面倒な手入れの必要もなくなるのでいいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする