肝斑(かんぱん)とは何なの?原因は?治療は?

a0191
肝斑(かんぱん)とは何なのでしょう?
肝斑の原因は何でしょう?
肝斑の治療はどうすれば良いのでしょう?

肝斑(かんぱん)についての紹介をします。

スポンサードリンク

■肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)とは、シミの種類のひとつです。

このシミは、形が肝臓の形に似ているからこの名前になりました。
と言うと肝臓が悪いみたいに思えますが、肝臓機能には関係ないので心配しないようにしてくださいね。

頬骨の辺りや額にできる事が多く、左右対称で、下顎、上口唇(鼻の下)にもできることがあります。

30代から40代の女性に出来ることが多いです。

スポンサードリンク

■肝斑の原因

肝斑の原因は、はっきりとはまだわかっていません。

妊娠や経口避妊薬ピルを内服中にあらわれることもあるようです。

閉経すると自然に治ることも多いようで、高齢者にはほとんど見られません。

女性ホルモンが影響しているともいわれています。

■肝斑の治療

肝斑の治療は、トラネキサム酸という、色素沈着抑制効果をもつ内服薬が効果的だといわれています。

レーザー治療は、シミに効果的な治療です。
けれども、肝斑のように紫外線以外の要因のシミには、レーザー治療は悪化してシミが濃くなったりするので注意が必要です。

■まとめ

肝斑ができたら、皮膚科に行くことをおすすめします。
化粧をしていると肌の状態やシミが良くわかりません。
皮膚科に行く時は、必ず化粧を落として、すっぴんで診察を受けましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする