化粧水の使い方 コットンが良いのか?手が良いのか?

a08689
化粧水の使い方は、コットンが良いのでしょうか?
それとも、化粧水は、手でつけた方が良いのでしょうか?

化粧水の使い方について紹介します。

スポンサードリンク

■化粧水の使い方

化粧水の目的は、水分補給です。
洗顔した後に、お肌に水分を補給します。
そして、その水分が飛ばないように、保湿クリームなどで覆うのです。

化粧水は、商品によって違いますが、500円玉ぐらいをコットンに付けるか、直接手にこぼれない程度をつけます。

下から上に向かってパッテイングしていきます。
軽くパッティングをするようにします。
赤くなるようでは、力の入れすぎです。

■化粧水はコットンが手?

化粧水はコットンが手か、どちらでつける方が良いのでしょう?

どちらも、メリット、デメリットがあります。

スポンサードリンク

■化粧水を手でつける

★メリット
コットンに吸い込まれないので少しの化粧水ですむ
手のひらで温まり、肌になじみやすくなり、浸透しやすくなり、じんわりしみこませることができる
手で優しくつけるから肌が傷つきにくい

★デメリット
雑菌がつきやすい

■化粧水をコットンでつける

★メリット
人の手のひらと違って凹凸がないので均等に細かい所までしみこませる事が出来る
雑菌が付きにくい

★デメリット
コットンにたっぷりつけないと、コットンが毛羽立って肌に傷が付く


■まとめ

私は、以前は値段が高い化粧水を使っていたので、コットンが吸い込む分がもったいないから、けちって手でつけていました。
今は、安い化粧水なのでコットンにたっぷり吸い込ませて使っています。
コットンの方が、私は化粧水が肌のすみずみまで浸透する気がします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする