目の疲れを取る方法はどれが良いの?

a2_003
目の疲れを取る方法は、いろいろあります。
どれが一番目の疲れを取るのには良いのでしょう。

手軽に出来る目の疲れを取る方法を紹介します。

スポンサードリンク

■目の疲れ

パソコンなど目を長時間使うと目が疲れます。
ピントを合わせる毛様体という筋肉が凝り固まって目に痛みを感じることもあります。

まばたきもあまりしないでパソコンなどの画面をじっと見つめているため目の周りの血液の循環も悪くなっています。

目が疲れるだけでなく、肩こりなどもおこります。

■目の疲れを取る

目の疲れを取る方法はいろいろあります。
手軽に出来てすぐに目の疲れが取れる方法は、蒸しタオルを使ったり、マッサージやストレッチなどがあります。

■目の疲れを取る方法 蒸しタオル

目の疲れを取るのに蒸しタオルも効果があります。

これは、私も良くする方法です。

スポンサードリンク

濡れたタオルをお皿に乗せて電子レンジで暖めます。
電子レンジの時間は、タオルの大きさにもよりますが、私は小さいフェイスタオルを使うので20秒ほどです。

暖めたタオルを目の上に乗せるだけです。

目の周りの血液の循環が良くなり目の疲れが取れます。

■目の疲れを取る目の体操

目に力を入れまぶたを強くギュッと閉じます。
そして、パット目を開けます。
コレを数回繰り返します。
目の周りの筋肉がほぐれて目の疲れに効果があります。

■目の疲れを取るマッサージ

目の周りのマッサージも目の周りの血液の循環も良くなります。
眼球を強く押したりしないようにしましょう。
眉毛の上を指でマッサージするのも効果があります。

■首の運動

目の疲れがある時は、首の疲れや肩こりもあります。
首をゆっくり回したり、肩を上げたり下げたりするのも目の疲れに良いです。

■まとめ

パソコンやケータイの液晶モニターのLEDから発するブルーライトは、生体のリズムをつかさどる細胞に刺激を与え、眠気を誘うメラトニンの分泌を抑えるといわれています。
寝る前2時間はパソコンを見ないようにすることは、目や体の疲労回復につながります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする