ニキビ予防の洗顔はどうしたら良いの?食べ物は何が良い?

2221
ニキビ予防はどうするのが良いのでしょう?
ニキビの予防の洗顔はどうするのが良いでしょう?
ニキビ予防のための食べ物は何が良いのでしょう?

ニキビの予防についての紹介をします。

スポンサードリンク

■ニキビの予防

ニキビで悩んでいる人は多いです。
思春期のニキビや大人ニキビなど、1度出来てしまうと治すのは大変です。

ニキビの予防をする事が大切です。
にきびの予防のためには、ニキビのできる原因を知りましょう。

思春期のニキビは、成長ホルモンの分泌などの影響によって、皮脂分泌が活発になる事が原因です。
大人ニキビの場合は、ストレス、睡眠不足、運動不足、生活の不規則など、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、男性ホルモンの分泌が増加し、皮脂分泌が盛んになり、ニキビができやすい状態になります。

■ニキビ予防の洗顔

ニキビを予防するには、過剰な皮脂をとり毛穴を詰まらせないためのスキンケアが大切です。

化粧をした時は、帰宅したら直ぐに洗顔をして化粧を洗い落とすようにしましょう。

化粧をしている場合は、クレンジングなどで、肌についている下地クリームやファンデーションをうきあがらせてから、保湿成分入りのティッシュやコットンに水を含ませたものでかるくふきとりましょう。

乾いたティッシュは、肌を傷つけるので使わないようにしましょう
しっかりと汚れを落とすことがとても大切です。

*もし毛穴のつまりやニキビが気になる時にはオイルクレンジングは使用しないようにしましょう。
すでに過剰に皮脂が分泌されているところに油分を付けると、ニキビができやすくなり、またすでにできているニキビの状態を悪化させてしまいます。

ジェルクレンジングなど、オイルの少ないクレンジングを使うようにしましょう。

スポンサードリンク

ニキビが出来る前には皮脂の分泌が盛んになっています。
脂っぽく感じるところは、重点的に洗う必要がありますが、1日に何度も洗顔したり、強い洗浄力の洗顔料で洗顔すると、肌に必要なうるおい成分を必要以上に取り去ってしまうので気をつけましょう。

肌が乾燥すると、皮膚から脂が出てしまい角質の柔軟性がなくなり硬なって、毛穴を詰まらせてしまいます。

ピーリングも、毛穴を詰まらせないようになるので良いです。
ピーリングで、余分な角質を取ると毛穴が詰まりにくくなりますし、皮膚のターンオーバーが高まるため、肌の新陳代謝がよくなります。

洗顔、ピーリングの後は、セラミドなど肌の保湿成分が入った保湿美容液でたっぷり保湿をしましょう。
十分に保湿をすることで、肌が柔らかくなり、毛穴が詰まりにくくなります。

ビタミンC誘導体配合の化粧水は、皮脂を抑えてくれるのでニキビ予防にも効果的です。

油性のスキンケアコスメの使用は控えましょう。
肌に余分な油分を与えると、アクネ菌の栄養源になってしまいます。

■ニキビ予防の食べ物

食生活に美肌をもたらす栄養素を取り入れるようにしましょう。

ビタミンE

ホルモンバランス正常化を促進します。
レバーやアーモンド、などに含まれていますが、サプリメントで摂っても良いですね。

ビタミンC

美白&コラーゲンの産生促進作用があるので、色素沈着したニキビ跡、陥没したニキビ跡のケアを早める効果があります。
パプリカ、芽キャベツ、水菜、ブロッコリーなどに含まれています。

ビタミンA

肌の新陳代謝を正常化し、肌の生まれ変わりを助ける効果を持っています。
鶏レバー、ウナギ、ほうれん草、春菊などに含まれています。

ビタミンB

肌の生まれ変わりを助ける働きと脂質代謝を促す栄養素です。
豚牛レバー、ニンニク、マグロ、ゴマ、卵黄などに含まれています。

■まとめ

肌は、4週間に1回生まれ変わります。
2週間で下から新しい肌があがってきて、あとの2週間で古い肌がはがれ落ちます。
ニキビが出来ても落ち込まないで、4週間後の新しい肌を楽しみにしましょう。

睡眠、食事、ストレスを溜めない生活をするようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする