老人性いぼの治療はどうするの?杏仁オイルでも取れる?

老人性いぼ(脂漏性角化症・脂漏性角化症)の治療はどうするのでしょう?
老人性いぼは杏仁オイル(アプリコットオイル)でも取れるのでしょうか?

老人性いぼ(脂漏性角化症・脂漏性角化症)の治療や杏仁オイル(アプリコットオイル)について紹介します。

スポンサードリンク

■老人性いぼ

老人性いぼ(脂漏性角化症・脂漏性角化症)は、首の周りや、胸、脇の下など皮膚の柔らかいところにできます。
1~2mmの小さな皮膚の出っ張りのいぼです。
色は肌色から黒褐色です。
皮膚の老化が原因で老人性いぼはできます。

■老人性イボの治療

老人性イボの治療法はクリニックなどに行き根元が細いものはハサミで切除します。
根元が広いものは局所麻酔をして電気焼灼します。

他には、液体窒素を病変部にあて、凍らせて、かさぶたにして、2,3週間後に脱落させる方法もあります。
麻酔よりも痛く1回では治らなし、脱落しても根本が残り炎症後の色素沈着を起こしやすいようです。

老人性いぼは、ほおっておくと大きくなるので早めに治療を受けたほうが良いです。

スポンサードリンク

■老人性いぼと杏仁オイル(アプリコットオイル)




老人性いぼを杏仁オイル(アプリコットオイル)で取る方法は自宅で簡単にできるので忙しい人にはおすすめです。

杏仁オイルは、シミのケアや老人性いぼに効果があります。

杏仁オイルで1日に1回、3分ほど、いぼをこすらずに撫でるようにマッサージをします。

いぼは、大きさなどによって取れる速さは違います。
諦めないで続けることが大切です。

イボ(角質)ケア化粧品
クリアポロン

■まとめ

クリニックでイボをハサミで切るのもちょっと怖いですね。
杏仁オイルは、いぼ、しわ、シミなどに効果があり美肌になることができます。
続けて使えば、老人性いぼの予防にもありますね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする