はちみつの効能は?便秘、のど、口内炎に効果がある?

b6e7c153438_s
はちみつにはどんな効能があるのでしょうか?
はちみつの効能は、便秘、のど、口内炎に効果があると言います。

はちみつの効能についての紹介をします。

スポンサードリンク

■はちみつの効能

はちみつには様々な効能があります。

はちみつは美容健康に効能があります。

咳止め、鎮痛剤、神経痛およびリウマチ、消化性潰瘍などに効能があると言われています。

はちみつの効能は、美肌にもよく、蜂蜜の糖分には肌を整える働きがあり、ビタミンB1には皮膚の血行をよくし、新陳代謝を高める作用があります。

■はちみつの効能 便秘

はちみつは、腸内環境を整えるので便秘の解消と予防に効果的です。
はちみつにはビフィズス菌を増やす作用があります。
ヨーグルにはちみつを混ぜて食べるとヨーグルのビフィズス菌との相乗効果のため便秘に良いです。

■はちみつの効能 のど

はちみつにはグルコン酸含まれていますが、このグルコン酸は殺菌作用があります。
はちみつを溶かした蜂蜜の水でのうがいは、のどの調子が悪い、咳が出る、風邪っぽいという時は効果があります。

■蜂蜜の効能 口内炎

口内炎の原因にはビタミンB1、B2の不足です。
はちみつには、ビタミンB1、B2を豊富に含んでいるので、食べても口内炎に効果があります。
そして、はちみつには、殺菌作用があるので、口内炎に塗ることも効果があります。

スポンサードリンク

■はちみつの効能 高血圧、動脈硬化

はちみつには血圧を下げる効能があります。
はちみつには、カリウムが多く含まれ、食塩を過剰に摂取した時にカリウムを摂取すると血圧を下げることができます。
はちみつには、コリンが含まれ、血管を拡張させて血圧を下げる働きと、高血圧の原因になるコレステロールを除去する効果があります。
ですから、はちみつには、高血圧や動脈硬化を防ぐ効果があります。

■はちみつの効能 眼の疲労や視力の回復

はちみつには、ルティンが含まれ、ルティンは目のビタミンといわれ眼精疲労や視力回復に効果があります。

■はちみつの効能 やけど、擦り傷、切り傷

はちみつには殺菌作用があり、傷の治りを早め、傷跡が残りにくくさせる作用もあります。

■はちみつの効能 老化

はちみつには、抗酸化作用があり、老化の進行を遅らせる効果があります。
はちみつに含まれるビタミンA、ビタミンBl、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ポリプェノール、ミネラルなどのにより代謝が良くなります。

■はちみつの効能 貧血

はちみつには、鉄や銅、血液を造るビタミンB12が含まれていているので貧血の予防にも効果があります。

■はちみつの効能 鎮静剤

はちみつのアセチルコリンが、副交感神経を優位にする効果があり、精神をリラックスさせます。

■はちみつの効能 二日酔い

はちみつのコリンやパントテン酸には肝臓を強化する作用があり、果糖は、肝臓内のアルコール分解を助け、血中のアルコール濃度を下げる効果があります。
ですから、二日酔いの予防と解消に効果があります。

■まとめ

はちみつの効能はとてもたくさんあります。
毎日、蜂蜜を食べるようにしたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする