白内障の原因は何?予防はどうしたら良いの?

a0012486
白内障とはどんな病気でしょう?
白内障の原因は何なのでしょうか?
白内障の予防はどうしたら良いのでしょう?

白内障についての紹介をします。

スポンサードリンク

■白内障

白内障とは、目の水晶体は凸(とつ)レンズの形をしており、もともと透明で、光をよく通す器官ですが、水晶体が白く濁って視力が低下する病気です。

水晶体は、目のカメラのレンズの働きをしますが、外からの光を集めてピントを合わせます。

通常は透明ですが、白内障になると白く濁ってしまうため、集めた光がうまく眼底に届かなくなります。

スポンサードリンク

視界が全体的にかすんだり、視力が低下、光をまぶしく感じる、暗いときと明るいときで見え方が違う、などのような症状が起ります。

■白内障の原因

白内障は、加齢、ケガ、遺伝、病気・アトピー性皮膚炎、糖尿病、風疹など、様々な原因で起こります。

■白内障の予防

白内障の予防は、疲労を感じたらこまめに休憩を挟み、目を休ませてあげましょう。

紫外線は、目に良くないので、サングラスで紫外線を避け、サングラスの隙間から入ってくる紫外線を防ぐためにつばの広い帽子もかぶって予防しましょう。

タバコも白内障には良くないです。
喫煙者は白内障になるリスクが3倍にも上昇するという報告もあります。
成人におけるビタミンの最低必要量は100mg/日です。
タバコには、ビタミンCを破壊するニコチン・タールなどの有害物質が含まれていて、1本吸うことで25~70mgものビタミンCが体の中から消えています。

■まとめ

白内障予防は老化予防とも言われますから、バランスの良い食事をして、適度な運動をして、規則正しい生活をするようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする