蜂蜜の効能は?はちみつレモンと、はちみつ大根の作り方は?

55fd_s
蜂蜜の効能は何でしょうは?
はちみつレモンはどうやって作るのでしょう?
はちみつ大根の作り方はどうするのでしょう?

はちみつについての紹介をします。

スポンサードリンク

■はちみつ

蜂蜜(はちみつ)は、ミツバチが花の蜜を採集し、巣の中で加工、貯蔵したものです。
自然界で最も甘い蜜といわれています。

蜂蜜は、約8割の糖分と約2割の水分によって構成され、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、有機酸、酵素なども含まれます。

蜂蜜は、殺菌作用、やけど、便秘、ダイエット、などの効能があります。

魚料理に用いると、魚の臭みを減らす働きがあります。
蜂蜜に含まれる酸が魚の臭みの原因であるアミンの揮発性をなくすためです。

スポンサードリンク

肉料理に用いると、浸透性の高さによって肉の組織に浸透し、過熱による肉の収縮・硬化を防ぎ、蜂蜜に含まれる有機酸が肉の保水性を高め、肉を軟化させます。

■はちみつレモン

はちみつレモンは、喉の痛みや疲れに効くと言われています。

はちみつレモンの作り方は簡単です。

レモンを薄切りの輪切りにします。
そのレモンをタッパーウェアや瓶の中に入れ蜂蜜をレモンが隠れるまでかけます。

それを、冷蔵庫に入れ1晩置けば出来上がりです。

お湯割りで飲んでも良いですし、紅茶にはちみつとレモンも入れたりして飲んでも良いです。
料理に使っても良いです。

■はちみつ大根

はちみつ大根は、風邪に効果があると言われ、喉の痛みや咳に効果があります。
はちみつ大根の作り方も簡単です。

大根の皮を剥きます。
(面倒だったら剥かなくても大丈夫です)

いちょう切りにします。

その大根をタッパーウェアや瓶の中に入れます。
大根が隠れるまで蜂蜜をかけます。

冷蔵庫で1~2時間保存します。
大根の水分が出たら出来上がりです。

大根はそのまま食べても良いですよ。

■まとめ

砂糖は体に良くないので、私は砂糖の代わりに蜂蜜を料理にも使っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする