ココナッツオイルでうがいをするのは気持ち悪い?捨て方は?

234810_s
ココナッツオイルでうがいをするのは気持ち悪いのでしょうか?
ココナッツオイルでうがいをした後の捨て方は、どうしたら良いのでしょう?

ココナッツオイルを使ったうがいについて紹介します。

スポンサードリンク

■ココナッツオイルのうがい

ココナッツオイルのうがいは、オイルプリングと言います。

ココナツオイルは強い抗菌作用と抗酸化作用に優れたラウリン酸がオイル全体の50%ほどを占めているため、、このココナッツオイルを使ってうがいをすると、免疫力を高め、歯が白くなったり、口内炎や、口臭予防などに効果があると言われています。

■ココナッツオイル うがい 気持ち悪い

ココナッツオイルは、白く固まっていて、うがいをするのは気持ちが悪いと思う人が多いと思います。
実は私もその一人でした。

それに、このココナッツオイルのうがいは、15分から20分もするのです。

スポンサードリンク

そんなに長い間できるのかな?口が疲れるから無理だよ・・・
と思っていました。

でも、勇気を出してココナッツオイルで、うがいをしてみました。

このココナッツオイルは、口に入れた時は、固まっていて変ですが、すぐ溶けてサラサラした感じです。
ベタベタした感じではありません。
口の中に水がある感じで、気持ち悪くありません。

テレビを見ながらすれば20分もすぐ過ぎると思ったのですが、・・・間違い

クチュクチュと音がすごくてテレビの音が聞こえません。
猫も音に驚いたみたいで、ビックリした顔で見られました。

だから、この音は恥ずかしいので一人でこっそりするのが良いと思います。

20分しましたが、口も疲れず無事に終わるとが出来ました。

■コココナッツオイルのうがい 捨て方

ココナッツオイルでうがいをした後は、飲み込まないで捨てます。

ココナッツオイルを捨てる時は、オイルなので直接口から吐き出して洗面所などに捨てないで、新聞紙などの上に吐き出して新聞と一緒に捨てます。

■まとめ

ココナッツオイルでうがいをするのは、気持ち悪くもなく、ココナッツオイルを最初口に入れた直ぐは、ちょっと硬くてオイルの塊ですが、すぐ溶けます。
そうしたら、後は水と変わらない感覚です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする