オールインワンゲルのメリットとデメリットは?使い方は?

jo1
オールインワンゲルのメリットとデメリットは何でしょう?
オールインワンゲルの使い方はどうするのが良いのでしょう?

オールインワンゲルについての紹介をします。

スポンサードリンク

■オールインワンゲル

基礎化粧品は、最初に水分補給のために化粧水をつけ、それから美容液をつけ、そして乳液、それから保湿クリームと何種類もつけます。

オールインワンゲルは、それらが一つになっているので、1回ですむのです。

オールインワンゲルとオールインワンジェルと呼ぶ化粧品があります。

辞書ではゲルもジェルも一緒です。

でも、化粧品では少し違いがあるようです。

オールインワンゲルは水分が少なめで弾力があるようです。

オールインワンジェルは、水分が多めでさっぱりした使用感が多いようです。

スポンサードリンク

■オールインワンゲルのメリットとデメリット

■オールインワンゲルのメリット

●時間短縮
化粧水をつけたり乳液をつけたり乳液をつけたりなどの時間が短縮できます。
●経済的
ひとつのオールインワンゲルを買うだけなので、化粧水、美容液、乳液などたくさん買うことが必要ないです。
●肌にやさしい
たくさん塗り重ねると肌のトラブルになることもあるので、1つですむから肌にやさしいです。

■オールインワンゲルのデメリット

●一つ一つの別のシミに効果がある美容液や、美白に効果がある美容液などのように、別々のほうが効果は高いので、それと比べると、オールインワンゲルは効果が少なくなります。

■オールインワンゲルの使い方

オールインワンゲルをつけたら、乾いてからファンデーションをつけます。
乾かないうちに、ファンデーションを付けるとオールインワンゲルがよれてボロボロ取れてファンデーションがうまく付きません。

ですから、オールインワンゲルが乾いてから、ファンデーションはつけましょう。

■まとめ

1番最初にドクターシーラボがオールインワンゲルを販売したようです。
それから他のいろいろな化粧品メーカーも販売するようになりました。
オールインワンゲルは時間短縮と経済的にも良いので、いろいろ試してご自分にあったオールインワンゲルを使われるとよいでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする