紫外線対策のサングラスの色は?UVカットは?

a0408
紫外対策のサングラスをは色はどんな色が良いのでしょう?
サングラスの色は、UVカットとどんな関係があるのでしょうか?

紫外線対策のためのサングラスの色やUVカットについての紹介をします。

スポンサードリンク

■紫外線対策のサングラスの色

紫外線はシミ・シワの原因になったりしますが、体は紫外線を浴びることで、免疫力を向上させるビタミンDを作り出す効果などもあります。

けれども、目には紫外線はよくないんです。

強い紫外線を長時間浴びると、白内障や黄斑変性症、角膜炎という、病気を引き起こす可能性があるんです。

ですから、目の病気を防ぐためには紫外対策しないといけません。
目の保護のための紫外線対策にはサングラスを掛けましょう。

サングラスのレンズの色が濃い方が紫外線をカットできると思う人が多いようですが、サングラスのレンズの色と紫外線カットの性能は関係がありません。

スポンサードリンク

色の付いたレンズを使用していても紫外線(UV)カットにはなりません。

UVカットが施されていない濃い色のサングラスは紫外線対策は逆効果になるといわれています。

UVカット加工を施していない色の濃いサングラスをかけると、眼は周りが暗くなったものと認識して瞳孔が大きく開いて、紫外線を吸収してしまう場合があるのです。

紫外線対策にはUVカット加工がされているサングラスでないと効果がありません。

■サングラスの紫外線カット(uvカット)

紫外線カットのサングラスのレンズの色ではなく、「紫外線透過率」などの性能をしっかり確認しましょう。

紫外線カットのサングラスには、「紫外線透過率」が数字で表示されています。

紫外線透過率は、レンズがどれだけ紫外線を透過するかを示す数字なので、低いほどレンズの性能が優れているということになります。

「紫外線透過率1.0%以下」という表示のレンズは、紫外線を99%以上カットすることができると言われます。

紫外線カット率」と表記しているサングラスもありますが、その場合は数値が高い方が性能の良いレンズということになります。

■まとめ

サングラスは、小さいものより、大きめのものを選んだほうが紫外線対策になります。
目のためには薄い色のUVカットのサングラスを選ぶことが良いですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする