髪も紫外線でダメージヘアーになる!紫外線対策が必要!

pp3
髪も紫外線でダメージヘアーになります。
お肌の紫外線だけではなく、髪も紫外線対策が必要です。

髪の紫外線対策について紹介をします。

スポンサードリンク

■髪の紫外線のダメージ

髪も紫外線によってダメージを受けます。

★枝毛、切れ毛、裂け毛
髪が紫外線を浴びると毛髪の成分のタンパク質が分解してしまいます。
キューティクルが剥がれ乾燥して、パサパサの髪になり、枝毛、切れ毛、裂け毛などのダメージヘアになってしまいます。

★退色
紫外線が毛髪のメラニン色素も分解してしまいます。
ですから、毛髪が退色して赤茶色になりパサパサの髪になってしまいます。

スポンサードリンク

■髪の紫外線対策

髪を紫外線から守る1番の対策は帽子を被ることです。
帽子や日傘で紫外対策をすることがおすすめです。
帽子は、頭皮も紫外線から守ることができます。

もう一つは、紫外線から髪を守るためには、UVカット効果のあるトリートメントを使う方法です。
紫外線から髪を守りトリートメント効果でツヤ髪にすることができます。

他には、エクストラ・バージン・ココナッツオイルとホホバオイルです。
これらの植物は、熱帯から亜熱帯に生息しているために紫外線に耐性を持つ特徴があるようです。

そして、このオイルにはSPF5前後の紫外線抑制力がありますので、およそ1時間くらいならUVB波を抑制してくれます。
髪につけて紫外線対策をしましょう。

■まとめ

プールや海で泳いだ後も、海水がついたままの髪は、浸透圧で髪の内部の水分が出てしまい、乾燥がひどくなります。
素早くシャワーでプールの水、海水、汗などを洗い流しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする