髪の手入れの上手なブラッシングは?地肌のマッサージは?

pp3
髪の手入れの上手なブラッシングはどうしたら良いのでしょう?
髪の地肌の手入れのマッサージはどうするのが良いのでしょう?
髪の手入れの上手な地肌のマッサージはどうやってするのでしょう?

髪の手入れについての紹介をします。

スポンサードリンク

■髪の手入れのブラッシング

ブラッシングは、絡まった髪をほぐし、髪に付いたほこりや汚れを取ります。
そして、頭皮を刺激して血液の循環を良くし、皮脂の分泌を促して髪にツヤを出し、頭皮の余分な角質を落としたりするマッサージの効果があります。

■ブラッシングの注意点
髪が絡まっている場合はほぐしてから、頭皮から毛先へとゆっくりブラッシングします。
髪が濡れている時はキューティクルを傷めますので、ブラッシングは乾いた状態で行います。
髪を傷めないように、ブラシの毛は猪毛や豚毛などの自然素材のものを選ぶことをおすすめします。

スポンサードリンク

■髪の地肌の手入れ

髪を洗う前に髪の地肌の手入れの頭皮マッサージを行うと、血液の循環が良くなり、頭皮の血行が良くなるので細胞への栄養供給が活発になり、健康な髪を育てます。

■髪の地肌の手入れの注意点
・強くたたく、こするなど、頭皮を傷つけるマッサージは逆効果になります。
指の腹で優しいマッサージをしましょう。

■頭皮マッサージ法
●リズミカルに頭皮を優しくつまむ、離すを繰り返します。
●5本の指の腹で生え際から頭頂部にかけて揉むようにマッサージします。

■髪の手入れのシャンプー

シャンプーは髪や頭皮の毛穴の汚れを落とすために行います。

オーガニックなど自然成分で作られたシャンプーを使うのがお勧めです。

湯シャンも、お湯で80%程度の汚れは落とすことができるのでおすすめです。

■シャンプーの注意点
シャンプーが残らないようによく洗い流しましょう。
洗い残しがあると痒みや赤み、フケなどの頭皮トラブルが起こることもあります。
髪染めやパーマなど何かしら髪自体に化学的な加工を加えている場合は、それぞれの髪質に合ったシャンプーを使いましょう。

■まとめ

髪の手入れは、健康な髪の毛のために注意点に気をつけて行いましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする