気管支喘息と風邪と花粉症は関係があるのでしょうか?

a07508
気管支喘息と風邪とは何か関係はあるのでしょうか?
気管支喘息と花粉症とは関係はあるのでしょうか?

気管支喘息と風邪と花粉症との関係などの紹介をします。

スポンサードリンク

■気管支喘息

気管支喘息とは、アレルギー性の炎症によって鼻から肺まで空気を送る「気管支」に炎症が起きます。
そして、気管支が狭くなりヒューヒューと音が鳴ったり、呼吸がし難くなったり、咳が出やすくなったりするブ病気です。

気管支喘息の発作は、夜中から朝方にかけて、咳、喘鳴で始まる事が多いです。
そして、運動により気管支喘息が誘発されることもあります。

■気管支喘息と風邪

風邪を引いて気管支にウィルスなどが侵入すると気管支炎が起きることがあります。

そして、気管支喘息を発症しやすい体質を持った人は喘息状態が併発します。

スポンサードリンク

風邪が原因で喘息を起こしやすい人は、インフルエンザワクチンによるインフルエンザの予防が大切です。

そして、風邪シーズンになったら、うがい、手洗いをして、風邪の予防をしましょう。

■気管支喘息と花粉症

花粉症は、季節性のアレルギー性鼻炎のひとつです。

症状が鼻に現れるアレルギー性鼻炎と、気管支に現れる喘息は、共通した気道の病気です。

そこで最近では、「気管支喘息」という用語から「気管支」を外して「喘息」と呼ぶことも提唱されています。

成人の喘息患者のうち、アレルギー性鼻炎との合併がある人が48%を占めます。

どちらかが発症して、その治療をしないと、もう一方も引き起こされ、お互いが悪化する可能性があるんです。

■まとめ

成人の気管支喘息は、過去30年間で約3倍にも増加しているといわれています。
40歳を過ぎてから初めて発症する人も今は珍しくありません。

風邪や過労、ストレスなども喘息を発症させる誘因のようです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする